形成外科で会陰再建

形成外科には、「顎顔面外科」「再建外科」「手の外科」「美容外科」と大きな四つの柱がありますが、 その1つとして再建外科の領域に「会陰再建」という、男性器・女性器の再建外科が含まれます。

形成外科は、体表外科や皮膚外科とも言われ、体の表面を守備範囲とします。女性器形成もその一つと言うことですね。

会陰再建には大きく分けて、下記2つがあります。

1.切除術:大小陰唇縮小術、クリトリス包茎手術、副皮切除術

2.縫縮(ほうしゅく)術:処女膜再生術、膣縮小術

今回は、切除術に関して少し関連付けられる内容を説明します。 縫縮術に関しては、次回までお待ちください。

切除術とは

切除術とは、余ってしまっている皮膚や組織を切除することです。 切除の前には、最も重要なデザインがあります。 形成外科の得意な縫合法を存分に発揮できるものです。

ここでのキーワードは、「デザイン」です。 形成外科では、デザインに関してもうるさく教育されます。

デザイン考!!!「手術のすべてはデザインで決まる!」

と育てられるのです。

手術のカンファレンスは、ほとんどをデザインに割かれます。 もちろん、解剖のチェックも重要ですから当たり前ですが、デザインに時間を割く外科系診療科は形成外科だけでしょうね。

デザインのポイントはRSTL

デザインでは、ポイントとしてRelax Skin Tension Line(RSTL:表情筋が弛緩した状態で最も緊張が走る方向を示す線)があります。 この線は顔や体、ひいては陰部にさえ存在します。

この線を中心に色々な話が出てきます。 Z形成術(帝王切開での傷跡などをきれいに治す方法)やW形成術(顔にできた傷跡などをきれいに治す方法)など、 形成外科特有の皮膚への工夫もこれが重要なのです。

そして、本番の手術の前にもじっくりと時間を掛けてデザインに勤しみます。 あーでもない、こーでもない、と色々と言われながら、言いながら、先輩後輩一堂に会して、実際の症例を通してデザインを学んでいくのです。

記事を執筆した医師の「病院・クリニック」はこちら

ティーズクリニック

名称 ティーズクリニック
住所 東京都墨田区江東橋4-26-9-4F
アクセス JR・東京メトロ錦糸町駅徒歩3分
電話番号 0120-853-878
公式HP http://www.hanae-clinic.com/
診療科目 形成外科・美容外科・美容皮膚科
診療時間 10:00 - 20:00 月、水、木、金
10:00 - 19:00 土
10:00 - 18:00 日、祝
休診日 火、祝日・日曜不定

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!