ボルトン分析について

ボルトン分析は模型分析の一種で、1959年にワシントン大学のボルトン先生によって考案された分析方法です。 歯列模型にノギスをあてて歯の幅径(はば)を計測します。

上の歯12本と下の歯12本で計算する方法(オーバーオールレシオ)と、 上の歯6本と下の歯6本の前歯のみを計測する方法(アンテリアレシオ)があります。

歯の幅を計測して、上の歯の幅の合計値と下歯の幅の合計値の比率をみて、上下の歯が噛み合うかどうかを判断します。

噛み合わせが正常な場合には一定の比率になることが知られており、 この比率と患者さんの比率を比較すれば、歯を並べたとき上下の歯が正常に噛み合うかどうかが分かります。

計算式は下記のようになります。

オーバーオールレシオ=下あごの歯12本の幅の総和/上あごの歯12本の幅の総和

アンテリアレシオ=下あごの前歯6本の幅の総和/上あごの歯前6本の幅の総和

日本人の標準値はそれぞれ、オーバーオールレシオが91.37±2.10で、アンテリアレシオが78.09±2.19です。 この範囲に上下の歯の比率が収まっていれば正常となります。

ただし、この比率が標準値と比率が大きく異なる場合には、歯を綺麗に並べたときに上下の歯が噛み合いません。 例えば、比率が標準値より極端に小さい場合には、歯を綺麗に並べ奥歯を正常に噛み合わせた際に出っ歯になり、大きい場合には受け口になります。

したがって、矯正治療を始める前にボルトン分析を行うことが重要なのです。

矯正歯科治療は診断が最も重要

上下の歯の比率が標準値と大きく異なる場合には、歯の大きさのバランスを整える必要があります。 例えば、生まれつき小さい2番目の歯を被せもので大きくしたり、大き過ぎる歯を歯に影響がない範囲で削って小さくしたりします。

矯正治療にこれらの処置をあらかじめ計画しておくと、治療をスムーズに行うことができます。

矯正歯科治療は診断が最も重要です。 治療を始める前にさまざまな分析を行い綿密な治療計画を立案することで、治療期間を短縮できることはもちろんのこと、歯の負担を最小限にすることが可能なのです。

記事を執筆した医師の「病院・クリニック」はこちら

上下の歯の大きさはバランスが重要です。ボルトン分析とは /images/91000006_0.jpg
名称 梅田リンガル
住所 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-16京富ビル9F
アクセス JR北新地/地下鉄四つ橋線西梅田駅 徒歩1分|JR大阪駅新南口 徒歩5分
電話番号 0120-185-688
公式HP http://umedalingual.com/
診療科目 裏側歯列矯正
診療時間 11:30 - 14:30、16:00 - 20:30 火、水、金
09:30 - 12:30、14:00 - 18:30 土、日、祝
休診日 月、木、第3日曜

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!