歯石とは?

歯石とは、歯のベタベタした汚れ(プラーク)が石灰化して、歯の表面に強固にくっついてしまったものです。

イメージとしては、お掃除をサボった蛇口の周りに、いつの間にかくっついている白いザラザラしたカルキ汚れのようなものです。 簡単に言ってしまえば、歯石はバイ菌の塊です!

歯石の種類

歯石は、下記の2種類に分けられます。

1.歯肉縁上歯石しにくえんじょうしせき

歯肉の上(目に見える)の歯石で、灰色や黄色っぽく見えます。 唾液の影響もあり、下の前歯の裏側に付きやすいです。

2. 歯肉縁下歯石しにくえんかしせき

歯肉の下(歯周ポケット)の歯石で、黒っぽい色です。 歯周ポケット内の血液成分や膿などが含まれています。 歯肉縁下歯石がくっついていると、歯周病はどんどん進行していきます。 歯肉縁下歯石は、とても怖い歯石なのです。

歯石が歯周病の大きな原因に!

歯石が歯にくっついていると、歯肉がバイ菌に侵され、歯肉や歯の周りの組織に炎症が起きます。

さらに、膿が出て口臭の原因になったり、歯を支える骨を溶かし、歯がグラグラになりはじめてしまいます。 やがて、歯を失うことにもなりかねません。 これら全ての状態が、歯周病なのです。

歯石の予防と治療

1番大切なことは正しい歯磨き

まずは、歯石を作らない、くっつきにくくすることが大切です。 そのためには、正しく適切な日々の歯磨きが大切です。 ぜひ、歯科クリニックで歯科医師や歯科衛生士に教えてもらってください。

ご自身のお口の状態を知りましょう

歯科クリニックで定期健診を受け、歯石がどの部分にどのようにくっついてしまっているのか、また、歯周病の状態はどうかを診てもらいましょう。

歯石除去

くっついてしまった歯石は、歯科クリニックで専用の器具で取り除く必要があります。 「歯肉縁上歯石」のみであれば、比較的少ない回数できれいになります。

「歯肉縁下歯石」ができてしまっていたり、歯周病が進行してしまっている場合は、歯肉の奥の歯石や炎症をいっぺんに取り除くことは困難なため、 どうしても通院回数が増えてしまいます。

歯面研磨(ポリッシング)

歯石を取り除いたあとは、歯の表面をツルツルに磨くことが大切です。 歯の表面がツルツルになることで、歯石を作りにくい環境にします。

まとめ

「歯石」は、歯周病の大きな原因です。 ご自身の「歯石」の種類、お口の状態を知り、健康なお口の環境を手にいれましょう。

記事を執筆した医師の「病院・クリニック」はこちら

あやクリニック歯科・皮ふ科

名称 あやクリニック歯科・皮ふ科
住所 埼玉県川越市中原町2-2-1 中原町ビル(NHK文化センタービル)1F
アクセス 西武新宿線本川越駅西口徒歩1分 東武東上線川越市駅徒歩6分
電話番号 049-299-6106
公式HP http://www.ayaclinic.jp/
診療科目 歯科、口腔外科、矯正歯科、小児歯科、皮ふ科、美容皮ふ科
診療時間 10:00 - 13:00 月、火、水、木、金、土
15:00 - 19:30 月、火、水、木、金
15:00 - 17:30 土
皮ふ科は日曜日のみ
休診日 祝祭日、日曜日は矯正歯科・皮ふ科予約診察のみ

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!