1.そもそも生理不順とは

「生理不順」を正しく理解していますか。 ちょっとした原因で周期がずれることがある生理ですが、「生理不順」と呼ばれるのは、どの程度のずれからなのでしょうか。 まずは、生理不順の定義について簡単に説明します。

正常な生理と生理不順

生理不順かどうかを判断するのにかかせないのが、生理周期です。 生理周期は、「前の生理が始まった日から、次の生理が始まる前日までの日数」で表します。 ポイントは、生理が終わった日ではなく始まった日から数えるという点です。

この生理周期が25~38日の間に入っていれば、問題ないとされています。 つまり、生理周期は正常であるといえます。

しかし、生理周期が24日以下だったり39日以上の場合は、生理不順と呼ばれます。

正常な生理

生理周期が25~38日

正常ではない生理(生理不順)

生理周期が24日以下、または39日以上

2.生理不順にも種類がある

ひと口に「生理不順」と言っても、生理不順にはいくつかの種類があります。

頻発月経

生理周期が24日以下の場合

稀発月経

生理周期が39日以上の場合

過長月経

生理期間が8日以上続く場合

過短月経

生理期間が2日以内で終わる場合

3.生理不順の原因は?

続いては、生理不順の原因について解説します。

生理不順の主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。

そこで、ホルモンバランスが乱れる原因となるものをいくつか紹介します。

ストレス

激しい運動や仕事などにより強いストレスを感じると、女性ホルモンの分泌を促す脳の視床下部の働きが低下します。 それにより、ホルモンバランスが乱れて生理不順が起きやすくなります。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や偏った食事などの生活習慣の乱れが、ホルモンバランスを乱して、生理不順の原因となることがあります。

また、女性に多い冷え性もよくありません。 体が冷えると血流が悪くなるため、生理不順になりやすいといわれています。

痩せすぎ・太りすぎ

過度なダイエットは、栄養不足を引き起こし脳の視床下部の働きを低下させるため、生理不順になりやすくなります。

逆に太りすぎると、皮下脂肪から余分な女性ホルモンが分泌されて量が過剰になるため、ホルモンバランスが乱れて卵巣の働きが低下して、生理不順の原因になることがあります。

年齢

成長期の10代は、ホルモンバランスが安定しにくいため、生理不順になりやすいといわれています。 多くの女性が20代になって女性ホルモンの分泌が安定してくると、それに伴い生理周期も安定してきます。

また、40代になると更年期に入り始めるため、卵巣の働きが低下しはじめホルモンバランスが乱れがちになるといわれています。 閉経を迎える50代のほとんどの女性が、生理不順になるようです。

ただし、40代に入る前から更年期のような症状が出てくるケースもあるため、30代であっても安心はできません。

病気

生理不順の原因には、子宮の病気や甲状腺の異常も考えられます。 卵巣機能不全、子宮筋腫、子宮内膜症、バセドウ病、橋本病などです。

これらの病気が原因になっていると、生理不順以外にも、激しい生理痛、腰痛、不妊症などを招くこともあります。

4.生理不順は治療しなきゃだめなの?

周期通りにこない生理に対して、「めんどくさい生理が来ないから、ラッキー!」なんて思ってはいけません。 生理周期は、女性の体調を敏感に反映するものです。 また、上であげたように病気が原因になっていることもあります。

続いては、治療の必要がない生理不順と、治療が必要な生理不順について紹介します。

治療の必要がない生理不順

女性の体はデリケートなため、日々の疲れやストレスなどの影響で生理周期が乱れることもあります。 そのため、2~3カ月生理周期が不規則になっても、その後自然に正常な周期に戻るようなら問題はないといえます。

一度生理不順になっても心配しすぎずに、生活習慣を改善しながら、3カ月ほど様子を見るようにしてください。 ただし、周期の乱れ以外に、下腹部痛や性交痛などの気になる症状がある場合は、すぐに婦人科に行くようにしてください。

治療が必要な生理不順

60日以上(3カ月以上)生理が来ないようなら、早めに婦人科を受診することをおすすめします。 また、上でも書きましたが、周期の乱れ以外に気になる症状がある場合は、病気が原因になっている可能性があるため、すぐに婦人科に行くようにしてください。

放置している期間が長くなると、病気が進行してしまう恐れもあります。

5.生理不順のセルフケアについて

「病院に行くほどでもないけれど、生理不順気味だから改善したい」という方も多いと思います。 次からは、自分で簡単にできる生理不順のケアを紹介します。

規則正しい生活をする

きちんとした時間に起床・就寝をして、バランスの良い食生活を心がけましょう。

特に睡眠に関しては、スマホに注意してください。 ベッドに入ったらスマホは使わないようにしましょう。 寝る直前までのスマホ使用は、睡眠の質を下げる大きな原因になってしまいます。

ストレスを溜めこまない

ストレスをまったく受けない生活は現実的に考えて難しいですが、ストレスを過剰に溜め込まないようにすることは意識してください。

例えばストレス解消法には、好きな音楽を聴く、読書をする、散歩をする、毎日ゆっくりお風呂に浸かる、 ストレッチをするなどいろいろありますが、自分自身が心地よいと思えるものを日々の習慣に取り入れるようにしてください。

また、女性の中にはダイエットに取り組んでいる人も多いと思いますが、 過度なダイエットはストレスがかかるため、ダイエットは長期的にゆるやかに取り組むようにしてください。

ツボを押す

生理不順の改善には、ツボを押すことも効果があるとされています。

特に、「血海」といわれるツボです。 ひざのお皿の内側上端部分から、指3本分上にあります。

このツボは、血液や血流に関するツボであり、血液が不足しているときに効果を発揮するといわれています。

6.最後に

生理不順は単なる生理周期のずれではなく、体の不調や病気などが隠れていることがあります。 生活習慣を見直したり、セルフケアをして様子を見ても、それでも改善が見られない場合は、早めに婦人科を受診することをおすすめします。 生理不順を改善して、生理に対する不安やストレスを軽減しましょう。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!