病院で性病検査を受けるとバレる?

まずは、病院での性病検査についてです。

守秘義務があるためバレることはない

病院での検査は、基本的に匿名で受けることはできませんが、医療機関は守秘義務があるため検査を受けたことや結果が、親や会社にバレることはありません。

支払いの際に健康保険を使った場合、所属している組合から本人に通院履歴が定期的に送付されますが、受診内容が会社に伝わることはありません。

扶養で健康保険に加入している場合は注意

ただし、親や家族の扶養で健康保険に加入している場合は注意が必要です。

その場合、あなたの受診履歴が親や家族に届くことになるため、 病院(○○クリニック、○○婦人科など)に行ったことは知られてしまいます(受診内容まではわかりません)。

健康保険を適用すると医療費が3割負担になりますが、適用させずに全額自己負担すれば当然通知されることはありません。 絶対に知られたくない場合は、全額自己負担で受けるという方法もあります。

待合室で知り合いにあうケースもある

病院で検査を受ける場合は、当然、病院に行かなければならないため、病院周辺や病院の待合室などで偶然知り合いにあう可能性があります。 特に、地方に住んでいる場合は、この点が気になるのではないでしょうか。

家の近所ではなく、少し離れた病院で検査を受けることで、このリスクは減らすことができます。

保健所で性病検査を受けるとバレる?

続いては、保健所での性病検査についてです。

保健所では、無料、かつ匿名で検査を受けることができます。 担当者にも、名前などの個人情報を明かす必要はありません。

また、病院に比べて知り合いにあう可能性も少ないと思います。 そのため、バレるリスクはほとんどないと言えます。

ただし、検査対象となる性病の種類や検査日時が限られているため、自身の希望通りに検査が受けられるという保証はありません。

検査キットで性病検査を受けるとバレる?

最後は、検査キットでの性病検査についてです。

検査キットは、購入から結果の確認までWebで行え、自宅でこっそり検査を済ませることができます。 つまり、誰かにバレる可能性がいちばん低い検査であると言えます。

検査キットを注文し自宅で受け取るさいも、外箱からは検査キットだと分からないようになっています。 また、自宅以外(コンビニ、郵便局など)で商品を受け取ることも可能です。

そのため、特にまわりの人に知られることに不安がある人は、検査キットでの検査を受けることをおすすめします。

検査キットでの性病検査の流れ

検査キットの基本的な検査の流れについて解説します。 すべての検査キットがこれにあてはまるわけではありませんが、どれもだいたい同じような流れになっています。

検査キットの注文

まずは検査キットを注文する必要があります。 どの検査キットも基本的にはWebから注文でき、中身がわからないような小包で届くようになっています。

検査キットを使う

検査キットが自宅に届いたら、検査で使う尿や膣分泌液、血液などを自分で採取します。 器具の使い方はシンプルで、詳しい説明書も付いているため、初めての方でも簡単に採取することができます。

GME医学検査研究所のサイトに、検査キットのわかりやすい使い方動画があり、引用させていただきました。

検査物を返送する

採取した検査物を同梱のパッケージに詰めて、検査会社へ返送します。 どれもポストに入る大きさなので、ここでも誰にもバレずに返送できるような心がけがされています。

結果の確認

結果の確認はWebで行えるものが多いようですが、郵送であったり電話での通知を選べるものがあるようです。

下記の特集記事では、検査キットの使い方の流れや、初めての方におすすめの検査キットを紹介しています。 検査キットでの性病検査に関心がある人は、ぜひご覧ください。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!