HIVの早期発見でエイズ発症を防げる

HIVは主に性行為で感染するウイルスで、感染するとやがてエイズを発症します。 HIVやエイズには完治できる治療薬がないため、「怖い病気」「死の病」という印象を持っている人も多くいると思います。

しかし、HIVやエイズの治療法は日々進化し、早期から治療を受けることで、HIVに感染してもエイズ発症を抑え、感染前と同じような生活を送ることも可能になりました。

進化した治療の恩恵を受けるには、感染の不安があるならHIV検査を受けて、早期発見を心がけることが大切です。 検査を受けないでいると、症状が進行してエイズを発症したり、恋人にうつしてしまうリスクもあります。

まずは、「HIV検査を受ける」というアクションをしっかり行うようにしてください。

検査キットを使ってHIVを検査する

HIV感染の不安があっても、「病院や保健所には行きにくい…」という人も多いと思います。 そのような人におすすめなのが、「検査キット」でのHIV検査です。

検査キットなら、購入から結果の確認までWebで行え、自宅で気軽に検査を済ませることができるため、 「主に性行為で感染する」「早期発見が特に重要」といった特徴を持つHIVの検査に最適です。

HIV検査を躊躇している方は、ぜひ検査キットを使ってみてください。 次からは、検査キットの基本的な検査の流れや、精度、HIV検査を受けるタイミングについて紹介します。

検査キットでの検査の流れ

検査キットの販売会社は数多くあり、すべての検査キットがこれにあてはまるわけではありませんが、どれもだいたい下記のような流れになっています。

検査キットを注文する

まずは検査キットを注文する必要があります。 どの検査キットも基本的にはWebから注文でき、中身がわからないような小包で届くようになっています。

性病の検査はデリケートなことがらなので、どの検査キットもその点は使用者への配慮をしているようです。

検査キットを使う

検査キットが自宅に届いたら、検査で使う血液を自分で採取します。 器具の使い方はシンプルで、詳しい説明書も付いているため、初めての方でも簡単に採取することができます。

GME医学検査研究所のサイトに、検査キットのわかりやすい使い方動画があり、引用させていただきました。

検査物を返送する

採取した検査物を同梱のパッケージに詰めて、検査会社へ返送します。 どれもポストに入る大きさなので、ここでも誰にもバレずに返送できるような心がけがされています。

結果を確認する

結果の確認はWebで行えるものが多いようですが、郵送であったり電話での通知を選べるものがあるようです。

検査キットの精度について

検査キットは気軽に使える反面、「精度は大丈夫なの?」と不安に思う人もいるかもしれません。 この点も、心配はありません。

検査キットでの検査は、主に「登録衛生検査所」で行われます。 登録衛生検査所とは、法律で定められた設備や検査体制などの基準を満たしていて、各都道府県知事に登録を認められた検査施設のことです。

病院や保健所での検査も、この登録衛生検査所で行われるため、検査キットの信頼性は、病院や保健所で検査を受けるのと同等といえます。

HIV検査を受けるタイミング

感染の不安がある場合は、すぐに検査を受けて結果を知りたい気持ちになると思います。 しかしHIV感染では、「HIVに感染していても検査で確認できない期間」というものが存在します。

この期間をウインドウ期といって、感染の疑いがある日から3カ月間がこの期間に当たります。

そのため、3カ月以内に検査を受けると、本当はHIVに感染しているのに陰性と出てしまうことがあるのです。 検査は感染の疑いがある日から3カ月以降に受けることをおすすめします。

不安が強い場合は3カ月以内でも受ける

ただし、HIV感染の不安が強い場合は、早期発見・早期治療や、感染拡大を防ぐためにも3カ月以内でも検査を受けるようにしてください。 その場合、検査で「陰性」と出ても実際には感染している疑いもあるため、3カ月以降(ウインドウ期以降)に再び検査を受けるようにしてください。

HIV検査で陽性だった場合は?

検査を受けて陽性だった場合は、病院で確認検査(2回目の検査)を受ける必要があります。

この確認検査で陽性になると、HIV感染が確定します。 つまり、1回目の検査で陽性であっても、確認検査で陰性になると、HIVには感染していないことになります。

男性なら泌尿器科、女性なら婦人科を受診するのが一般的です。 早期発見、早期治療の観点からも、確認検査はなるべく早く受けるようにしてください。

HIVが検査できるおすすめの検査キット

最後に、Rucora編集部おすすめの検査キットを紹介します。 検査キットは種類が多く、最適なものを選ぶのが難しいため、ぜひ参考にしてください。

HIV検査を安く受けたい人におすすめ

自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_dual.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_inexpensive.jpg

検査対象

HIV(エイズ)

値段2,910円
注文方法Web、電話、FAX配送方法宅配便
結果の確認Web、郵送、電話結果がわかるまで注文後、1週間前後
検査機関自社検査施設(登録衛生検査所)販売会社さくら検査研究所

最短4日、HIV検査結果を早く知りたい人におすすめ

自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_5000.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_dual.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_pinpoint.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_fastest.jpg

検査対象

HIV

値段3,440円※ローコストパッケージ
注文方法Web、電話、FAX配送方法宅配便(最短翌日)
結果の確認Web、郵送、電話結果がわかるまで注文後、最短4日程度
検査機関自社検査施設(登録衛生検査所)販売会社GME医学検査研究所

主な性病を安く調べたい男性におすすめ

自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_man.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_main.jpg

検査対象

クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

値段9,936円
注文方法Web、電話配送方法宅配便(最短翌日)
結果の確認Web結果がわかるまで注文後、1週間前後
検査機関自社検査施設(登録衛生検査所)販売会社STD研究所

主な性病を安く調べたい女性におすすめ

自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_woman.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_main.jpg

検査対象

クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

値段9,936円
注文方法Web、電話配送方法宅配便(最短翌日)
結果の確認Web結果がわかるまで注文後、1週間前後
検査機関自社検査施設(登録衛生検査所)販売会社STD研究所

のども含めて幅広く調べたい男性におすすめ

自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_man.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_throat.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_various.jpg

検査対象

クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、カンジダ、トリコモナス、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)

値段15,990円※ローコストパッケージ
注文方法Web、電話、FAX配送方法宅配便(最短翌日)
結果の確認Web、郵送、電話結果がわかるまで注文後、最短4日程度
検査機関自社検査施設(登録衛生検査所)販売会社GME医学検査研究所

のども含めて幅広く調べたい女性におすすめ

自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_woman.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_throat.jpg
自宅で検査ならこれ!HIV検査キットの特徴や、おすすめを紹介 /images/aff/badge_various.jpg

検査対象

クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、カンジダ、トリコモナス、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)

値段15,990円※ローコストパッケージ
注文方法Web、電話、FAX配送方法宅配便(最短翌日)
結果の確認Web、郵送、電話結果がわかるまで注文後、最短4日程度
検査機関自社検査施設(登録衛生検査所)販売会社GME医学検査研究所

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!