生理と腹痛の関係

生理になると、腹痛を感じる女性は多いと思います。 生理中は、子宮を収縮させて経血をスムーズに排出するために、プログラスタンジンという物質が分泌されます。

プログラスタンジンが多く分泌されると子宮の収縮が激しくなり、腹痛を感じてしまうことがあるのです。

また、生理が始まる1週間から2~3日前になると腹痛を感じる人もいると思います。

これは、月経前症候群(PMS)といって、女性ホルモン分泌量の急激な変化やストレスが原因になっていると考えられています。 PMSによる腹痛の場合、数日後には生理が始まり、腹痛の症状も改善されていきます。

このように、生理前や生理中の腹痛はよくあることで、生活習慣や食生活を改善したりすることで、症状が良くなるケースも多くあります。 ただし、今回のテーマのように、生理が来ないのに生理痛のような腹痛がある場合には、違う原因が潜んでいるのです。

妊娠による腹痛

生理が来ないのに腹痛がある原因として、まず考えられるのは妊娠です。

妊娠すると赤ちゃんが成長しやすいように、子宮が徐々に大きくなっていきます。

するとその影響で、子宮周辺の臓器や骨が圧迫されるようになり、腹痛を引き起こすことがあります。 この腹痛は妊娠超初期症状のひとつで、特に心配はありません。

また、それ以前であれば、着床痛といって、受精卵が子宮内膜に着床した(妊娠が成立した)ことで痛みを感じるケースもあります。 足の付け根やお腹全体に、チクチクするような痛みを感じると言われています。

ただし、着床痛を感じない人の方が多いため、着床痛がなくても心配は不要です。

このように、生理が来ないのに腹痛がある場合には、妊娠が考えられます。 妊娠超初期は非常にデリケートな時期で、無茶をすると流産する可能性もあります。 妊娠に気づかないで、普段通りに過ごすのは危険です。

腹痛があり、さらに高温期が続いている場合は、妊娠の疑いが強いため、すぐに妊娠検査薬を使って確認することをおすすめします。

腹痛や高温期が続く以外にも、妊娠超初期の症状には下記のようなものがあるので参考にしてください。

  • おりものがいつもと違う
  • 頭痛がある
  • 倦怠感がある
  • 日中に強い眠気がある
  • 胸が張る、乳首が敏感になる
  • 下痢になる
  • 便秘になる
  • トイレが近くなる
  • 匂いに敏感になる
  • ニキビが増える
  • 食べ物の好みが変化する

もちろん、生理が来ないのに腹痛がある原因には、妊娠以外のケースもあります。続いて、それらを見ていきましょう。

子宮筋腫による腹痛

子宮筋腫とは、子宮の筋肉から発生する良性の腫瘍です。

筋腫の大きさは、顕微鏡でないと確認できないほど小さいものから、10cm以上ある大きなものまでさまざまです。 筋腫は良性の腫瘍のため命に関わる心配はありませんが、筋腫が大きくなると子宮全体が大きくなり、ほかの臓器を圧迫して腹痛を引き起こすことがあります。

子宮筋腫は、基本的に自覚症状が少ない病気ですが、つらい症状が出たり、不妊や流産の原因になることもあります。 治療で症状を改善することもできるため、気になる場合は婦人科を受診するようにしてください。

検査の結果、筋腫が小さく経過観察になった場合でも、油断せずに定期的に診察を受けることは忘れないでください。

子宮内膜症による腹痛

子宮内膜症とは、本来、子宮内にしか存在しないはずの子宮内膜と似た組織が、ほかの臓器に発生してしまう病気です。

通常、子宮内膜は妊娠が成立しなければ、はがれ落ちて血液とともに体外に排出されます(月経)。 しかし、子宮以外にできた内膜は、同様にはがれ落ちても、体外に排出することができません。

そのため、血液が体内に溜まって炎症を起こしたり、周囲の臓器と癒着したりと、体に悪影響を与えることがあるのです。

腹痛は子宮内膜症の主な症状のひとつで、強い痛みが長く続くことがあります。 それ以外にも、子宮内膜症では、激しい月経痛や腰痛、性交痛などがあらわれることがあります。

子宮頸がんによる腹痛

子宮頸がんとは、子宮の頸部(子宮の下側にあり膣とつながっている部分)にできるがんです。

子宮頸がんの発症には、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染が深く関わっています。 HPVはごくありふれたウイルスで、性行為で簡単に感染します。

そのため、性経験がある女性なら誰でも、子宮頸がんを発症するリスクがあるのです。

子宮頸がんは初期には無症状ですが、症状が進行すると、腹痛や腰痛などを引き起こすことがあります。

便秘で腹痛になることも

女性に多い便秘も、腹痛の原因としてあげられます。

便秘になると、便が腸内にとどまり続けることになります。 すると、便が腐敗していき、腐敗ガスが出るようになります。

そして、腐敗ガスが腸内に充満すると、周辺の臓器を圧迫し、それが原因で腹痛を引き起こすことがあるのです。

便が出ると痛みがなくなることが多いため、水分や食物繊維を多く取るように意識してください。

まとめ

このように、生理が来ないのに腹痛がある原因はさまざまですが、何かしらの異常や変化が隠れている場合があります。 そのため、ついつい症状を我慢してしまうことは、とてもリスクが大きいと言えます。

例えば、妊娠していることを知らないでいると、胎児にとってよくないお薬を服用したり、お酒を飲み続けてしまうこともあります。 妊娠超初期は流産しやすい時期でもあるため、妊娠のサインかもしれない腹痛を見逃さないことは大切です。 妊娠が気になる場合は、妊娠検査薬で確認するようにしてください。

また、病気が原因になっているケースもあります。 原因が病気であった場合には、早い段階から治療を始めた方が、治療はスムーズに行えます。

「たかが腹痛」などと思わずに、腹痛が長く続いたり、痛みがひどかったり、腹痛以外にも気になる症状がある場合には、早めに婦人科を受診するようにしてください。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!