生理中の尿検査は避けるべき

健康診断などで行われる尿検査では、腎臓が正常に働いているかどうかを調べます。 腎臓は異常があっても自覚症状がなかなか出ないことがあるため、尿検査を受けて異常の有無を調べることは、非常に大切なことなのです。

しかし、生理中に尿検査を受けると、正確な結果を得られなくなることがあるのです。

尿検査では、尿中に含まれる血液や蛋白の量についても調べます。 尿潜血が(+)の場合は、膀胱炎などの尿路感染症や尿路結石、慢性腎炎や尿路系腫瘍の可能性があります。 一方、尿蛋白が(+)の場合は、腎炎、ネフローゼ症候群(蛋白が尿にたくさん出てしまい血液中から減りむくみが起こる病気)が疑われます。

しかし、生理期間中に尿を採取すると、尿の中に経血が混ざり、それによって尿潜血や尿蛋白の項目が、陽性反応を示す場合があるのです。 つまり、陽性の原因が、経血によるものなのか、病気によるものなのか、判断できなくなってしまうのです。

そのため、生理期間中は尿検査を控えるようにしてください。

問診のときに生理中だと伝えよう

生理と健康診断がかぶってしまった場合には、健康診断の日程そのものを変更するか、尿検査だけ後日受けるようにしてください。

ただし、尿検査だけを後日受ける場合でも、問診の際には、医師に生理中であることを伝えることが大切です。

生理中は経血が体外へと排出されることため、どうしても貧血気味になってしまい、自覚症状はなくても検査データ上で、貧血時の数値を示すことがあります。

問診時に、生理中であることを伝えると、生理の影響を受ける数値を、生理中の数値として処理してもらえる場合もあります。 そのため、尿検査を受けない場合でも、生理中であることは医師や看護師に伝えるようにしてください。

生理中であることを申し出るのが恥ずかしい人のために、医療機関によっては「尿検査確認カード」というものが用意されているところもあります。

まとめ

生理中は、尿の中に経血が混ざってしまうため尿検査をすることができません。 生理日と健康診断の日がかぶってしまった場合は、健康診断の日をずらすか、問診時や受付時に生理であることを伝えて、尿検査の日をずらすようにしてください。 また、生理周期は変動することもあるため、検査日は生理と生理のちょうど間ぐらいのタイミングに設定することをおすすめします。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!