性病は初期症状に気付くのが大切

性病にかかったら、なるべく早く治療を受けることが大切。特に女性の場合、放置していると体の奥深くへと炎症がどんどん進行し、 最悪の場合はそのことが原因で将来不妊症になってしまうことがあるのです。

またHIVに感染した場合、数年後にはエイズを発症してしますが、早い段階から治療を始めることによってエイズの発症を遅らせることも可能です。

もちろん、治療を受けずに放置しておくと相手にうつしてしまい感染が拡大する恐れもあります。

つまり性病は、少しでも早く感染に気付き、初期の段階から治療を受けることが大切なのです。 そしてそのためには、性病の初期症状がどういったものなのかを知っておく必要があります。

性病にかかると、どのような初期症状があらわれるのか。 比較的メジャーな性病の主な初期症状を紹介します。

クラミジアの初期症状

女性の場合

  • おりものが増える
  • 不正出血をする
  • 下腹部の痛み
  • 性交痛

ただし女性の場合、クラミジアに感染したとしても半数以上の方は何の症状もあらわれません。

男性の場合

  • 尿道から膿が出る
  • 排尿痛(軽い)
  • 尿道の不快感や痒み
  • 軽い発熱

喉に感染した場合

  • 喉の腫れや痛み
  • 発熱

淋病の初期症状

女性の場合

  • おりものの量が増える
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • 性交痛

ただし女性の場合、多くの方は何の症状もあらわれません。

男性の場合

  • 尿道から白っぽい膿が出る
  • 排尿痛(激しい)
  • 尿道の深い感や痒み
  • 発熱

喉に感染した場合

  • 喉の腫れや痛み
  • 発熱

HIV感染症の初期症状

  • 発熱
  • 倦怠感
  • 喉の痛み
  • 筋肉痛

HIVに感染した場合、感染後2~4週間後くらいにインフルエンザのような症状があらわれることがあります。 ただし、これらの症状は全ての方にあらわれるわけではなく初期症状が出ない方もいます。

性器ヘルペスの初期症状(初感染時)

  • 性器の表面にむずがゆさやヒリヒリ感
  • 2~10日ほどすると水ぶくれ
  • 破れると潰瘍が形成
  • 激しい排尿痛や熱が出ることも

ちなみに、性器ヘルペスはとても再発しやすい病気ですが、 再発する際はその直前に神経痛のような痛みを感じたり、患部がムズムズしたりするなど、前兆と思しき症状が出ることがあります。 また、症状は初感染時よりも軽くなることが一般的です。

膣トリコモナス症の初期症状

  • 膣や外陰部の強いかゆみ
  • 膣や外陰部の痛み
  • おりものが泡状になり、強い悪臭を放つ

性器カンジダ症の初期症状

  • 外陰部や膣のかゆみ
  • 性器に炎症
  • おりものがヨーグルト状
  • 性交痛や排尿痛

ちなみに男性が感染した場合、基本的に症状が出ることはありませんが、 亀頭に白いカスのようなものが出ることがあります。

このように、性病にかかると性器やその周辺に様々な初期症状があらわれることがあります。 症状が軽い場合も多いですが「このくらい平気だろう」と安易に考えるのは危険。 病気が進行して深刻な事態を招くこともあります。

気になる症状が出ていたり、症状はなくても不安なときは検査を受けるようにしてください。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!