1.尖圭コンジローマの疑い

女性の陰部にイボやブツブツができる原因には、まず「尖圭コンジローマ」が考えられます。

性病の可能性も…女性の陰部にできるイボやブツブツの原因とは /images/10439_0.jpg

主に性行為で感染する性感染症

尖圭コンジローマとは、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスに感染することで発症する「性感染症」です。

主に性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)で感染し、粘膜や皮膚の目に見えないような傷口からウイルスが侵入します。

ウイルス感染から3週~8カ月(平均2.8カ月)ほど過ぎると、 「大陰唇」「小陰唇」「膣」「子宮頸部」「会陰部」「肛門周辺」などに、うすいピンク色や茶色のイボができてきます。

イボは大きくなり数も増える

尖圭コンジローマのイボは、初期のころは小さいですが、進行するにつれて徐々に大きくなり数も増えて、 「ニワトリのトサカ」や「カリフラワー」のようになっていきます。 形は特徴的ですが、かゆみや痛みなどの自覚症状はほとんどありません。

尖圭コンジローマかもしれない場合は…

尖圭コンジローマは自然治癒することもありますが、治療を受けないでいるとイボが増えて、治療が困難になってしまうことがあります。 また、性行為で相手にうつすリスクもあります。

そのため、陰部に尖圭コンジローマを疑うイボやブツブツがある場合は、すぐに婦人科を受診するようにしてください。

2.性器ヘルペスの疑い

性器ヘルペスは、「ヘルペスウイルス」に感染することで発症する「性感染症」です。

性病の可能性も…女性の陰部にできるイボやブツブツの原因とは /images/10439_1.jpg

主に性行為で感染する性感染症

性器ヘルペスに感染する主な原因は、性行為です。 感染力がとても強いため、相手の性器にウイルスがいると、粘膜同士の接触で簡単に感染してしまいます。

陰部に水ぶくれがあらわれる

性器ヘルペスを発症すると、陰部周辺(外陰、膣の入り口、肛門など)に、水ぶくれや発疹が多数あらわれます。 また、初感染時には、おしっこができないほどの激しい痛みに襲われることもあります。

一度感染すると、ウイルスは治療をしても体内に潜伏し続けます。 そのため、疲れやストレスなどで免疫力が低下すると、再びウイルスが増殖して性器ヘルペスが再発することがあります。 再発時は、初感染時よりも症状が軽くなることが一般的です。

性器ヘルペスかもしれない場合は…

性器ヘルペスも自然治癒しますが(初感染時で2~3週間、再発時で1週間以内)、 抗ウイルス薬を使うことで、治療期間が明らかに短くなることがわかっています。

症状を悪化させたり、相手にうつさないためにも、医師による適切な治療を受けることがおすすめです。 陰部に性器ヘルペスを疑うイボやブツブツがある場合は、すぐに婦人科を受診するようにしてください。

3.梅毒の疑い

近年、感染者数の増加が問題になっている梅毒でも、陰部にイボがあらわれることがあります。

性病の可能性も…女性の陰部にできるイボやブツブツの原因とは /images/10439_2.jpg

主に性行為で感染する

梅毒は、「梅毒トレポネーマ」という病原菌に感染することで発症する「性感染症」です。 主に性行為で感染し、通常のセックスでも感染しますが、特にアナルセックスでのリスクが高いといわれています。

皮膚にあざができたり陰部にイボができる

梅毒に感染すると、感染3週間後ぐらいに感染部位にしこりができたり、太もも付け根のリンパ節が腫れたりします。 痛みやかゆみはなく、これらの症状は自然になくなります。

そして、感染3カ月後ぐらいになると、梅毒の病原菌が血液にのって全身に巡り、全身の皮膚にさまざまな症状があらわれます。 有名なのは「バラ疹」と呼ばれるピンク色のあざですが、それ以外にも陰部や肛門周辺にイボができることがあります。

このイボは扁平へんぺい コンジローム」と呼ばれ、 見た目は「尖圭コンジローマ」とよく似ています(名前も似ていますね)。

梅毒かもしれない場合は…

梅毒は症状が出たり消えたりを繰り返しますが、自然治癒はしません。 進行すると、皮膚だけでなく、内臓や脳などに深刻な影響を与えてしまいます。

また、梅毒に感染しているとHIVの感染リスクも高まります。 気になる症状がある場合は、すぐに婦人科を受診するようにしてください。

4.腟前庭乳頭症の疑い

陰部のブツブツは、「膣前庭乳頭症ちつぜんていにゅうとうしょう 」の疑いもあります。

病気ではなく生理現象

膣前庭ちつぜんてい 」はあまり馴染みのない名称ですが、膣からクリトリスにかけての小陰唇の内側部分のことです。 そして、「腟前庭乳頭症」とは、膣前庭部分や尿道口付近に1mm前後の小さなブツブツができる症状のことです。

この腟前庭乳頭症は、性感染症ではなく生理的現象です。 発症原因として「生理周期」や「女性ホルモン」との関係が指摘されているため、生理周期によってブツブツの数や大きさが変わることがあります。 また、痛みやかゆみを感じることもあります。

腟前庭乳頭症は病気ではないため、治療の必要はありません。 相手にうつす心配もなく、放置しておいても問題はありません。

尖圭コンジローマとよく似ている

ただし、腟前庭乳頭症の症状は、「尖圭コンジローマ」とよく似ているため、 腟前庭乳頭症だと思って放置していたらイボがどんどん増えて、「実は尖圭コンジローマだった…」となっては大変です。

「尖圭コンジローマのイボは不揃いで、腟前庭乳頭症のイボは左右対称」という違いはありますが、専門家でないと判断が難しいケースも多くあります。 こまめに自分で状態をチェックして、イボが不揃いで、大きくなったり増えているようだったら、すぐに医師に診てもらうようにしてください。

5.毛嚢炎の疑い

陰部のブツブツは、「毛嚢炎もうのうえん 」の疑いもあります。

ムダ毛処理などで起こる皮膚の病気

毛嚢炎とは、毛穴の奥で毛根を包んでいる部分に、「ブドウ球菌」という雑菌が感染して起こる皮膚の病気です。 赤みの少ない小さなブツブツができますが、痛みやかゆみはあまり感じません。

毛嚢炎が陰部にできる主な原因には、ムダ毛処理によって毛包を傷つけてしまうことがあげられます。 また、陰部だけでなく、顔、背中、わき、ひざ、ふくらはぎなどにも症状があらわれることがあります。

症状が気になる場合は皮膚科に

毛嚢炎は軽度であれば、痛みやかゆみを感じることはほとんどなく、自然に治ってしまいます。 ただし、痛みやかゆみが強いときやブツブツの数が多いときは、皮膚科に相談することをおすすめします。

6.最後に

このように、陰部のイボやブツブツは、性感染症が原因になっていることがあります。 受け入れ難い状況かもしれませんが、性感染症だった場合は、大切な人にうつしてしまうリスクがあります。

「腟前庭乳頭症」のようにまったく問題がないケースもありますが、症状が似ている病気もあるため、気になる症状があるなら婦人科を受診するようにしてください。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!