耳ヘルペスは痛みよりかゆみ

ヘルペスが耳にできるなんて、ちょっと信じられない話ですよね。でも、珍しいケースではあるものの、ヘルペスの症状が耳にあらわれることはあるのです。ストレートに耳ヘルペス、なんて呼ばれることもあります。

耳ヘルペスになった場合、耳の裏側や内側に小さな水疱ができたり、患部が腫れたりします。そしてこれらの症状は、口唇ヘルペスや性器ヘルペスと同じような経過をたどり、発症から7日~10日程度で治っていきます。

通常のヘルペスだと発症すると患部に痛みを伴うことが多いのですが、耳ヘルペスの場合、痛みはむしろ軽く、かゆみの方が強いことが多いようです。

耳ヘルペスに対する治療法について

では、耳ヘルペスを発症した場合、どのような治療がおこなわれるのでしょうか。

耳ヘルペスといえどもヘルペスの一種であることに変わりはありません。治療方法は、口唇ヘルペスや性器ヘルペスに対するものと同じです。

一般的には、ウイルスが排泄されている紅斑期・水疱期・びらん期と呼ばれる段階では抗ウイルス薬を使い、これと同時進行で患部に外用薬を塗布していきます。

治療はシンプルですが、免疫力が下がっているときなどに症状を繰り返すこともあるので、日ごろから体調管理には気をつけてくださいね。

ヘルペスはときに、耳にも症状があらわれることがわかりましたね。耳ヘルペスもほかのヘルペスと同じように悪化させると症状が長引くことがあります。疑わしい症状がある場合には、できるだけ早く検査や治療を受けるようにしましょうね。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!