婦人科と産婦人科の違い

婦人科と産婦人科の違いは、名前の通り「産」という字のアリナシが大きなポイント。

婦人科は、妊娠・出産以外の女性特有の病気や症状のために通う病院。 一方、産婦人科は、婦人科の診察や検査や治療とともに、妊娠・出産に関連した診察や治療、そして出産も行う病院だと理解しましょう。

ただし、産婦人科でも、医師不足や設備の問題などで出産に対応していないところもあります。 そのため、出産までは産婦人科で、出産するときには産科に行かなければいけないケースも多くあります。

婦人科

  • 生理不順や子宮に関する病気など、女性特有の症状や疾患を扱う

産婦人科

  • 生理不順や子宮に関する病気など、女性特有の症状や疾患を扱う
  • 妊娠・出産に関する診察・治療・出産(対応していなところもあり)も扱う

つまり、出産を控えた女性が通うのは産婦人科ですが、 そのほかの女性特有の疾患の検査や治療は、婦人科でも産婦人科でも受けられるというわけです。

性病の検査はどちらでも

それでは、女性が性病の検査や治療を受けたいと思った場合は、 婦人科と産婦人科のどちらに行ったら良いのでしょうか。

先ほども書いたように、婦人科でも産婦人科でも、 女性特有の疾患やあらゆる症状に対する検査や診察、治療が受けられます。

そのため、性病の検査はどちらでも受けることができます。

性病検査は恥ずかしいことではない

そうはいっても、「病院で性病の検査を受けるなんて恥ずかしい…」と 考える人も多いと思います。

でも、安心してください。 婦人科や産婦人科の先生は、その道の専門家です。 性病検査に来る人を、「性に対してだらしない」という目では絶対に見ません。

むしろ、性病検査を受けに来たあなたを肯定的に受け取ってくるはずです。 そして、万が一感染が発覚した場合でも、適切に対応してくれます。頼れる女性の味方なんです。

性病は放置していると、将来、不妊症の原因になることもあります。 感染していも症状が出ないケースも多くあります。

性病の不安や疑いがあるときは、症状がなくてもできるだけ早く検査を受けるようにしてくださいね。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!