クラミジアで尿道がかゆい

クラミジアは、日本でもっとも感染者数が多い性病です。 感染率も高く、感染者との1回の性行為での感染率は約50%ともいわれています。

クラミジアに感染しても症状がまったくあらわれない人も多くいますが、 尿道のかゆみやおりものの増加、不正出血といった症状があらわれることもあります。

コンドームなしのセックスや、ワンナイトラブをした数週間後に尿道のかゆみがあらわれたら、 クラミジアに感染している疑いがあります。

クラミジアについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

淋病で尿道がかゆい

淋病は、クラミジアと同様に感染率の高い性病です(淋病感染者との1回の性行為での感染率は約30%)。

また、淋病の人でクラミジアにも同時感染している人の割合は20~30%ともいわれています。

淋病に感染すると、かゆみ以外にも、男性だと尿道からの分泌物(うみ)や激しい排尿痛など分かりやすい症状がでることもありますが、 女性の多くは症状が出ることがありません。 男性は女性よりも分かりやすい症状が出やすいため、 彼氏に先ほどあげたような症状があった場合は、あなた自身も感染を疑ってみる必要があります。

淋病については、こちらの記事で詳しく解説しています。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎で尿道がかゆい

非クラミジア性非淋菌性尿道炎は、クラミジアと淋菌以外のブドウ球菌やマイコプラズマといった菌に感染して発症する病気です。雑菌性尿道炎ともいいます。

先に紹介したクラミジアや淋病やクラミジアは、主に感染者と性行為をすることで感染します。 一方、非クラミジア性非淋菌性尿道炎は、もともと体内にいる菌が増えることで症状が出ることがあります。

ただし、症状が出た場合でも軽いケースがほとんど。激しい排尿痛などが出る淋病との区別はついても、クラミジアとの区別は難しいです。

早めの検査と治療が大切

クラミジアや淋病などを放置しておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因になったり、 HIVをはじめとするほかの性病のリスクを高める原因になります。

クラミジアに感染していると、HIVへの感染リスクが3~5倍にも高まるとも言われています。

そのため、尿道がかゆいなど明らかに症状が出ているときは、早めに検査を受けて原因を特定し、 治療の必要がある場合にはすぐに治療を始めるようにしてください。

また、淋病のところで書きましたが、自分には症状が出ていなくても、彼氏が尿道のかゆみを訴えている場合は、 彼氏に検査を受けてもらうようにして、もし彼氏が性病に感染していた場合は、症状のないあなたも検査を受けるようにしてください。

まとめ

尿道のかゆみは、性病に感染しているかもしれないという貴重なSOSです。 そのサインを見過ごしたり、気づいていながら我慢したり放置したりしていると、 知らず知らずのうちに病気が進行したり、相手にうつしてしまうこともあり得ます。

自分自身の体や将来を守るためにも、気になる症状があれば検査を受けるようにしてください。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!