性病はキスでもうつる

「性病は性行為でうつるもの、キスでうつるわけはない」なんて思っている人はいませんか?実はそれ、大きな間違いです。

もちろん性病の中には、性行為以外での感染リスクが限りなく低いものもあります。 しかしその反面、キスでもうつる性病も存在するのです。

キスでうつる性病例

  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • ヘルペス

クラミジア

感染者数の最も多いクラミジアは性器だけでなく、喉にも感染します。 そのためフェラチオやクンニリングス、さらにはディープキスで感染するリスクがあるのです。

クラミジアが喉に感染しても症状はほとんど出ることはありません。 しかし、喉のクラミジアが恋人の性器にうつり、さらに恋人の性器のクラミジアがあなたの性器にうつるケースもあり得ます。

淋病

淋病もクラミジアと同様に喉にも感染します。軽いキスではうつりませんがディープキスではリスクが高まります。 喉に感染しても症状が出ることはあまりないのですが、喉から性器へとうつすことがあるため厄介です。

梅毒

口に梅毒の病変部分がある場合は、キスでも感染します。 以前は不治の病として恐れられていた梅毒ですが、今は治療で治すことができます。 しかし、梅毒にかかっているとHIVの感染リスクも高まるため現在でも怖い病気です。

ヘルペス

ヘルペスの中には、唇やその周辺に症状があらわれる口唇ヘルペスという種類があります。 ヘルペスウイルスの感染力は非常に強いためディープキスはもちろん、キスでもうつる恐れがあります。

キスでHIVはうつる?

キスでうつる性病はあるの?あるならどんな病気? /images/10282_0.jpg
racorn

このようにセックスをしなくてもキスだけで感染する性病は存在します。

ではHIVはどうでしょうか。「HIV感染者とキスをするとHIVをうつされてエイズになってしまう…」といった話を聞いたことはありませんか。

結論から言うと、キスでHIVをうつされることはほぼありません

HIVは感染者の唾液中にも含まれていますが、感染力が非常に弱いためキスやディープキスでうつることは限りなくゼロに近いのです。

HIVに関しては偏見や誤解が多いですが、この話もその類のひとつというわけです。

いかがでしかた。このように性病のなかには、キスやディープキスでうつる可能性があるものがあります。 「性病治療中でもキスなら安心」とは言えません。

性行為だけでなくキスも、しっかり治してからするようにしてくださいね。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!