コンドームの正しい付け方

東京都福祉局によるコンドームの正しい付け方をイラストと文章で解説します。

爪で傷つけないようにコンドームを袋から取り出す。

男性任せは危険!コンドームの正しい付け方、女性こそ知っておこう! /images/10249_0.jpg

てっぺんの部分の「精液溜まり」をつまんで空気を抜く。

男性任せは危険!コンドームの正しい付け方、女性こそ知っておこう! /images/10249_1.jpg

勃起した状態の男性器にかぶせて、男性器の根元までしっかりと覆う。

男性任せは危険!コンドームの正しい付け方、女性こそ知っておこう! /images/10249_2.jpg

コンドームを付けるタイミング

コンドームの正しい付け方は上で紹介した通りですが、付けるタイミングが間違っていたら意味がありません。 コンドームの正しい付けるタイミングも知っておきましょう。

コンドームは、必ず挿入する前に付けるようにしてください。 これが、コンドームを付けるタイミングのすべてです。

男性の中には、最初はコンドームを付けずにペニスを挿入して、射精する前にいったん抜いて、コンドームを付けて再度挿入する人もいるかと思います。

しかし、その方法では、避妊や性病予防の効果は期待できません。

俗に言う我慢汁(射精の前に出ている透明な液体)にも、 精子や性病の病原体が含まれていることがあります。 そのため、射精前にコンドームを付ければ大丈夫という考え方は間違っていて、非常に危険な行為なのです。

我慢汁についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ご覧ください。

コンドームを外すとき

付けるタイミングと同様に、コンドームの外し方も重要です。

行為後の余韻に浸って、ペニスを膣内に挿入したままでいると、 ペニスが小さくなりゴムのすき間から精液が流れ出てしまうことがあります。

それでは、せっかく正しくコンドームを使ったのに、妊娠や性病感染のリスクが高まります。 ムードも大切ですが、行為が終わったらペニスは膣内からすぐに抜いて、 コンドームの口元をしばってティッシュなどに包んでゴミ箱に捨てるように彼に伝えてください。

その後で、彼とまったりとした時間を過ごすようにしてくださいね。

それ以外の注意点

コンドームの裏表

コンドームには裏表があります。簡単な見分け方をこの記事で紹介しているのであわせてチェックしてください。

コンドームの使用期限

コンドームには使用期限があります。パッケージに記載されている「品質保持期限」をチェックして、期限内のコンドームを使うようにしてください。

コンドームの保管方法

使用期限内で袋に入れた状態であっても、保管方法が適切でなければゴムが劣化している恐れがあります。 直射日光が当たる場所に置いていたり、熱や摩擦など外からの刺激を受けていてゴムが破れている可能性があるものは、絶対に使わないようにしてください。

使用期限や保管方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

女性こそ正しい付け方を知っておこう

あなたは、コンドームを付けるのを完全に男性任せにしていませんか。

しかし、それは危険な考え。正しい付け方は、男性だけではなく女性のあなたも知っておくことが大切です。 なぜなら、男性でも正しい付け方を知らない人がとても多いからです。自己流でコンドームを付けている人がほとんどなのです。

コンドームを使った性行為での妊娠率(失敗率)は3~14%という報告もあります。

この機会にコンドームの正しい付け方をしっかりと理解して、 彼がコンドームを付けているところを観察して、間違っていないかどうかチェックしてみてください。

最後に、コンドームの正しい付け方を動画で紹介します。 NPO法人ピルコンのサイトに、わかりやすい動画があり、引用させていただきました。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!