ますは目で見てしっかりチェック

亀頭包皮炎の検査方法は、まず目で見てチェックすることが大切です。

亀頭がかゆい、痛いと感じたら、亀頭の状態をチェックしましょう。亀頭が赤く腫れていたり、ただれたりはしていませんか。

赤みや痛み、かゆみは、人によって、またはそのときの亀頭の状態によってさまざまですが、亀頭から白いカスが出ていたり、亀頭にブツブツがあれば亀頭包皮炎を疑ったほうがいいでしょう。

場合によっては、膿が出ていることもあります。また、性交時に、亀頭に痛みを感じることもあります。

基本的には、まずは目で見てしっかり亀頭の状態を確認することが大切です。

恥ずかしい人には検査キットがおすすめ

実際に症状が出ていたら、病院の泌尿器科や性病科に行って、検査をしてもらうのが一番ですが、それが恥ずかしいという人には自宅で検査ができる検査キットもあります。通販で手に入るので、人に見られずに購入して検査が受けられるのはありがたいことですよね。

検査キットには、いくつかの種類がありますが、亀頭包皮炎だけではなく、ほかの性病についても同時に検査をできるものもあるので便利です。ほかの性病との見分け方がわからない人にもおすすめです。

病院で診察してもらうときには、問診をして実際に医師がみて診察することがほとんどですが、膿などをとって検査することもあります。

いろいろな検査方法はありますが、亀頭がかゆい、痛いと感じたら、まずは目で亀頭の状態をしっかりチェックしてみましょう。亀頭包皮炎は性病ではないので、恥ずかしがらずにまずは検査から始めましょう。

特集 - 性病の疑いがあるならひとまず検査してみませんか?初めての方におすすめの性病検査キットを選びました!